審査の基準や内容を知る

消費者金融は審査に通りやすいと言われます。比較対象として銀行のカードローンは審査が厳しめなので、比べると通りやすいという意味なのでしょう。ただし、消費者金融だからといって、審査に必ず通るわけではありません。

 

実際に消費者金融でさえ、審査通過率は50%にも満たないのです。半分以上の人が審査に落ちると言われると、消費者金融の審査も厳しく見えるかもしれません。

 

しかし、普通に働いていて、借金などもなければ、消費者金融の審査もそれ程厳しいものではないのです。過半数が審査に落ちてしまう原因として、複数社で借入れしている人や、基本的に支払い関連は常に滞納しているような人も申込みをする点が挙げられます。

 

消費者金融はレジャーなどの目的で申込む人もいれば、すでに生活が苦しくて、生活費や支払いの補填の為に利用する人もいます。お金を借りるという性質上、すでに色々な支払いが滞っているケースも多く、それらが審査通過率を引き下げているという実情があります。

 

ただし、消費者金融の審査に通りたいなら、2つの点に注意が必要です。1つは限度額を多めに申告しない点です。収入に見合わない申込み金額は、業者側も警戒してしまいます。もう1点は、短期間に複数社に申込みをしない点です。不正契約を疑われ、どこからも借りられなくなってしまう可能性があります。

 

早い審査が売りとなっているプロミスの審査内容にしてもしっかりと見ているので、正しく申し込みをしないと結果に悪影響が出てしまいます。