消費者金融のここに注意

消費者金融大手の、アコム、プロミス、アイフル、モビットの名前を知らない人はいないのではないでしょうか。それ位街やTV、雑誌広告で頻繁に目にします。誰も利用しないのにこんなに目にするはずもなく、カードローン利用者は最低でも2,000万人以上いると言われています。

 

 

申込んだその日に審査、融資を行い、正社員だけではなくフリーターやパート相手にも融資を行っているので、急な出費でお金が必要な人にとって頼りになる存在です。

 

しかし、消費者金融は便利なだけでなく、いくつかのデメリットもあります。利用者は多いですが、申込む前にそのデメリットについて知っておいた方が、利用するにしても安心だと思います。

 

消費者金融は金利が高い

消費者金融の金利は、他のローンと比べても高めに設定されています。カードローンは使い道自由で、簡単にしかも繰返し借入れができます。利便性というより自由度が高いので、その分金利は高めに設定されています。

 

銀行系のカードローンなら金利も低くなりますが、それでも自由度が高いという点では同じなので、各種ローンと比べると高めと言わざるを得ません。

 

信用情報に影響が出る

消費者金融の契約情報や、借入、返済の履歴は、信用情報機関に記録されます。いつ申込みをして、いくらの限度額で契約し、今いくら残債が残っているのか、全てわかってしまいます。それだけでなく、過去に返済の遅れなどがあれば、その情報も記録されます。

 

信用情報に返済遅れなどの情報が残ると、他のローン関連の審査にも影響を与える場合があります。例えばクレジットカードやマイカーローン、住宅ローンなどを組む時に、消費者金融の借入れが残っている状態はマイナスに働きます。

 

もちろん毎月の返済をきちんとしていればそれ程影響はありませんが、住宅ローンは審査も厳しいので注意が必要です。返済遅れや未納の情報が残ると、携帯電話の分割審査にすら通らなくなるケースもあります。

 

ただ、これは消費者金融に限った話ではなく、銀行で借りるカードローンでも同じです。メガバンクでも地方銀行でも、またはオリックス銀行からの借り入れであるとしても、返済ができなくなれば信用情報には傷が付きます。

 

誰でも借りられるわけではない

消費者金融は誰でも借りられるイメージが強いようですが、カードローンの審査に落ちるケースは意外と多いです。信用情報は大切で、過去の返済や支払関連で問題が残っていると、消費者金融でも審査に落ちる場合があります。

 

また、消費者金融にも申込み条件があります。成人していて安定した収入がなければ、申込んでも断られてしまいます。未成年の学生や専業主婦などは、自分自身に安定した収入がないので、カードローンの申込みができません。

 

なかなか完済できない

カードローンで借りたお金は、毎月コツコツと返済していきます。消費者金融の良い所は、無理なく返済が行える点にあります。最低返済額が低めに設定されているので、例えば5万円借入れしても、毎月3,000円程度の返済でも大丈夫です。

 

ただし、毎月の返済額が少ない程、返済の多くが利息分として取られてしまっています。元金がなかなか減らないので完済までが長いというデメリットがあります。

 

消費者金融を利用して、いつまでたっても返済できないという人がいますが、その理由が繰返しの借入れです。簡単に借入れできる消費者金融の場合、意志が弱ければつい使い過ぎてしまいます。ちょっとお金に困った、欲しいものがあった、付き合いがあって、その度にお金を借入れしていて、毎月の返済が数千円程度では、いつまでたっても完済ができません。借入残高が増えれば返済額も増えるので、やがて毎月の返済が辛くなる事態にもなりえます。

 

カードローンでの返済は随時追加でも可能です。余裕がある時に大目に返済するか、借入を控えるようにしないと、借入残高が増えていってしまいます。カードローンは賢く利用する人と誘惑に振り回される人にわかれますが、後者としてりようしたいものです。

 

どうしても返済が厳しい場合にはおまとめや借り換えローンの借り方で返済負担を軽くする方法もありますので、正しく利用すれば安心のサービスと言えるのが消費者金融なのです。